DIYに本当に必要なおすすめの工具、電動工具

DIY工具、電動工具の画像

道具は少ないく、必要最低限のものを揃えたいものです。
だから、DIYに本当に必要なおすすめ工具、電動工具、6アイテムのご紹介。
よい工具、電動工具は、DIYの作業の効率を上げてくれ、楽しくしてくれます。

ドリルドライバー

金づちで釘を打つのは意外と重労働だし、上手くうてないものです。
ドリルドライバーは、下穴をあけたり、ビスを打ったり、ビスをゆるめたりと、1台でできる基本の電動工具です。
DIYでは1番使用頻度が高い工具です。

国内メーカー、海外メーカーからたくさんのドリルドライバーが出ていますが、修理や部品の取り寄せなどの事を考えると、国内メーカーのドリルドライバーがおすすめです。

マキタやリョウビなどの電動工具メーカーがよいと思います。


選ぶ際に悩むのが、コードレス、コード付きなのかですね。
●コードレス 
 メリット:作業効率がよい、場所を選ばない
 デメリット:重い、充電しないといけない

●コード付き
 メリット:軽い、思いついた時にDIYできる
 デメリット:電源コンセントがある場所でないとダメ、作業が効率が落ちる

メジャー

設置場所のサイズを測ったり、長いサイズを測るためのメジャーは必需品の1つです。
種類はたくさん出ていますが、3.5メートルまで測れれば十分です。
自動で巻き戻ってくるものが一般的ですが、途中で止めることができるストッパー付のもの使いやすくおすすめです。


差し金

DIYでは垂直に木材を切る事が多いので、垂直な線を簡単に引く事ができる差し金も基本工具の1つです。


金づち

DIYになくてはならない工具。サイズは色々ありますが、大きすぎると重くて使いづらいです。
選ぶポイント

1.持ちやすい
2.重くない
3.釘ぬきがついているもの

100円ショップのもので十分です。
実際、手にとってみて選ぶのがベストですが、インターネットで購入を検討されているの方は200~300gがおすすめです。


のこぎり

値段によって、切れ味が違ってきます。
そこそこのものを購入するとよいでしょう。
ゼットソー』など、刃が傷んだら取り替えられるものがおススメです。

気軽に始めるなら、100円ショップのものでも十分です。


ジグソー

のこの電動版が、ジグソーです。直線、曲線も自在に切る事ができます。
初心者の方は、電動工具を敬遠しがちですが、使い方はとても簡単です。
1台あるとDIYの幅が広がり、楽しくなります。
刃を変えることにより、鉄やアルミも切る事ができます。

ドリルドライバーと同じく、国内メーカー、海外メーカーからたくさんのドリルドライバーが出ていますが、修理や部品の取り寄せなどの事を考えると、国内メーカーのドリルドライバーがおすすめです。

ジグソーもマキタやリョウビなどの電動工具メーカーがよいと思います。



関連記事