diy 木材の選び方

diy 木材のきほん

木材の画像

ホームセンターにいくと、色々な木材が並んでいます。
どれを選べばいいのか悩んでしまいませんか?

それぞれの木の特徴を覚えるのはとても大変です。
DIY、暮らしのスタイル店 では、よく使用する、扱いやすい4種の木材のついて紹介します。

1、古材・廃材
2、ヒノキ
3、松
4、スギ

古材・廃材

家具のワンポイントに使えば、アンティーク家具のような風合いを演出できます。
アンティーク家具を購入すると、何十万もする事もありますが、古材・廃材を使用して、DIYすれば、アンティーク風やジャンクな家具、小物が作れます。
古材・廃材は、古道具屋さんや、インターネットでも購入する事ができます。


ヒノキ

程よく硬く、ほどよく強いのがヒノキの特徴。水に強く、キッチンや洗面所などの水回りの家具に使用されます。最近では、国産で価格も比較的、手ごろな価格のヒノキがホームセンターで販売されています。
ヒノキは手触りが良いので、塗料を塗らずに白木のまま使う事もできます。


価格は、ヒノキより少し高めで、木に粘りがあるのが特徴です。
しっかりした家具を作りたいとき最適です。
安い木材には節がありますが、それも味です。
高価な木材は、木目がとてもきれいです。
よくホームセンターで見かける、パイン材も松の一種です。
※ツーバイ材(2×4材:ツーバイフォー材など)も松の一種です。

スギは、やわらかく、とても加工しやすい木材です。
価格も安いです。DIYでも一般的な木材。赤身を帯びており、木目がはっきりしているのが特徴。
そりやすいので、机の天板なそ、制度が求められる部分にはむきません。