第2話:らっきょう漬けの作り方【季節の家仕事・保存食】

らっきょう漬けの画像

梅シロップづくりとは別に今年、らっきょ漬けにもチャレンジします。

らっきょの漬物は一年中出回っていますが、生のものが手に入るのは6月から7月のこの時期だけです。長期保存できるように甘酢漬けにし、一年中楽しめるようにします。

今回のレシピは、義理の母直伝の簡単シャキシャキならっきょ漬けです。



らっきょう漬け:用意する材料

今回は、処理をしたものを利用しました。

らっきょう漬けの材料の画像
  • らっきょう 2kg
  • 塩 適量 
  • らっきょう酢 1.8L
  • 鷹の爪(お好みで)

らっきょう漬け:用意する道具

ボルミオリ・ロッコの画像
  • 保存瓶 4L用

    (ボルミオリ・ロッコ 4L

  • アルコール(消毒用)
  • 大きめのボール
  • ざる
  • なべ

らっきょう漬け:作り方

①らっきょうをさっと水で洗います。結構たっぷりの塩で塩もみをします。お湯をかけて、塩を洗い流します。

※これをすることによって、ずっとシャキシャキな歯ごたえを維持できます。


②保存瓶をアルコール消毒し、さっとふき取ります。

 

③瓶の中にらっきょうと鷹の爪をいれます。

 

④お酢を沸かし、熱々のまま保存瓶に入れます。

 

⑤粗熱がとれたら、蓋をします。

 

⑥1か月ほどしたら、出来上がりです。


【INDEX】